消費者金融にお金借りる際の必要書類と審査基準

消費者金融にお金を借りる場合の必要書類は何が必要でしょうか?

基本的な本人確認書類は運転免許証があれば問題ありません。

ない場合は「パスポート」または「健康保険証」+住民票、社会保険料の領収書、国税または地方税の領収書、公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)などです。

あと、希望の借入額が50万円を超える人、希望の借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える人は収入証明書類の提出が必要な場合がほとんどです。

キャッシングするときに不安なのが家や職場への電話ですよね。それでバレるんじゃないかというのが不安です。

審査のために電話がありますが、知人の振りをして個人名で「鈴木ですけど○○さんいますか?」のようにかかってきますので、配慮した連絡方法であることが多くなっています。

また、本人が留守の場合は、電話を受けた人にそれと知られるような質問などはまずありませんので、カードローンだと気づかれることはないでしょう。もし何か聞かれたら、クレジットカードの審査とかいえば周りの人も不審がらないと思います。

カードローンの審査基準ですが、カードローンでは「指定信用情報機関」を通しての審査が義務付けられています。同じ信用情報をもとに審査することになりますので、各社ごとに極端な差はありません。総額で年収の3分の1までしか借入できないため、どこの業者へ行っても借入額には必ず限度額があります。